宮崎 裕子 裁判 長。 宮崎 裕子 裁判官の判決歴 < 投票行動.com

宮崎裕子 (法曹)

旧姓使用が可能になった制度変更について、「遅きに失した。 6月30日、ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市(千代松大耕市長)を除外した総務省の決定は違法だとして、市が取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷裁判長として、これを違法と認め除外決定を取り消し、これにより泉佐野市の逆転勝訴が確定した。 宮崎は最高裁判事として旧姓の宮崎姓を使うが、最高裁判事が旧姓を名乗るのは初めて(昨2017年9月から判決や令状など裁判関係の文書で裁判官や職員の使用を認める運用を始めた)。

Next

宮崎 裕子

日本IBMグループの代理人として約1200億円の課税処分を取り消す判決を勝ち取った。 6月30日、ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市(千代松大耕市長)を除外した総務省の決定は違法だとして、市が取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷裁判長として、これを違法と認め除外決定を取り消し、これにより泉佐野市の逆転勝訴が確定した。 2018年1月9日に最高裁判所裁判官に就任。

Next

宮崎裕子 (法曹)とは

もっと早くてもよかった」と指摘し、選択的についても、「選択的夫婦別姓なら全く問題ない。

宮崎 裕子

宮崎は最高裁判事として旧姓の宮崎姓を使うが、最高裁判事が旧姓を名乗るのは初めて(昨2017年9月から判決や令状など裁判関係の文書で裁判官や職員の使用を認める運用を始めた)。 経歴 [編集 ] 卒業、1977年。

Next

宮崎 裕子

2020年10月13日、「に対してを支給しないのは不当である」としてに損害賠償を求めていた訴訟の上告審判決において、最高裁第三小法廷裁判長として、「不合理なとはいえない」と判断し、2審のによる「不合理な差別であり、違法」とした判決を変更。

Next

記事詳細

最高裁判事として関わった訴訟 [編集 ]• 弁護士として関わった訴訟 [ ]• もっと早くてもよかった」と指摘し、選択的についても、「選択的夫婦別姓なら全く問題ない。 脚注 [ ] []. 経歴 [ ] 卒業、1977年。 判決日 2021年01月26日 令和1 受 984号 不当利得返還請求事件 最高裁判所第三小法廷. 日本IBMグループの代理人として約1200億円の課税処分を取り消す判決を勝ち取った。

Next

宮崎裕子 (法曹)とは

裁判官だった父親の「法廷の中には男女差はない」という言葉で法曹を志した。 2月18日、東京国税局から申告漏れを指摘された日本IBMの持ち株会社が、国から受けた約1200億円の課税処分取り消しを求めた訴訟に勝つなど、30年以上にわたり企業法務の実務経験があり、多くの税務訴訟で国税当局に勝利した。

Next