映画 僕 が 跳び はねる 理由。 自閉症の僕が跳びはねる理由

僕が跳びはねる理由 : 作品情報

外部リンク [ ]• たぶんにして、著者をイメージしたもの。 撮影:ルーベン・ウッディン・デカンプス• 世界各地のそれぞれ個性の異なる5人の自閉症の少年少女たちやその家族が登場するが、各エピソードをつなぐ少年が海辺などを歩く姿に東田さんの言葉がナレーションでかぶる。 「自閉症児とその親の関係は、大陸の両端からお互いが別々に列車の線路を敷設している姿に例えることができる。

「自閉症への偏見から解放してくれる作品」 英映画「僕が跳びはねる理由」、東田直樹の原作を翻訳した作家の思いは:時事ドットコム

ミッチェルはこの心理が世界の不和や紛争にも通じると指摘しつつ、「違うからこそ彼らは多くのことを僕らに学ばせてくれる」と強調する。 そのままでも僕らは君を愛しているよ』と伝えてほしい。

Next

僕が跳びはねる理由 : 作品情報

感情がないとか、創造的な知性を持たない、また多くの文化で恥とされるといった自閉症者への偏見を東田さんの言葉が覆した。 他者とコミュニケーションをとることが苦手で集団に馴染めない、強いこだわりがあり変化を嫌う等の特徴があり、意思の疎通が難しいとされている自閉症の東田直樹が、文字盤を利用して書くという方法で、 13歳のころに内面を語ったエッセイ『自閉症の僕が跳びはねる理由』。 劇場サイトをご確認下さい。

Next

映画『僕が跳びはねる理由』4月2日(金)より公開

サンダンス映画祭のワールド・シネマ・ドキュメンタリーコンペティション部門において観客賞を受賞する他、バンクーバー国際映画祭の長編インターナショナルドキュメンタリー部門では観客賞とインパクト大賞のダブル受賞も果たしている。 一緒に日本へ旅行することもできた。 彼らもまた、上手く話せなかったとしても、「文字盤」を利用して言葉を紡いでおり、そこから観客は豊かな感情や思考を読み取ることができるのだから。

僕が跳びはねる理由 劇場情報

音や景色を美しくく強烈に感じ、でも同時に不安で混乱してしまう自閉症の感覚を、「擬似体験」できるのだから。 All rights reserved. ミッチェルは映画の製作には直接タッチしていないものの、ロスウェル監督とは常にコンタクトを取っていたと話す。 2021-04-02• Block 2018年4月3日. 私は、また映画館で正座するかのような心持ちでこの映画を見ることになるでしょう。

Next

映画 上映中 僕が跳びはねる理由

そんな父が旅で学びを得ていく過程が丁寧に描かれ、ラストの落とし所も納得しかないものであった。 広島や沖縄で暮らした経験も持つ。