光源氏 誕生。 源氏物語の登場人物

「光源氏の誕生」テスト問題〈1/3〉

概要 いつの帝の時代だったでしょうか、後宮に多くの女御や更衣が仕えていた中に、それほど高貴な身分ではないが、帝にとても寵愛されていた更衣(=桐壺の更衣)がいた。 長男: -。

Next

源氏物語【桐壺・光る君の誕生】~いづれの御時にか~敬語表現や主語は間違いなくテストで問われます!!

身分低い桐壺更衣を寵愛し、その忘れ形見の源氏を一時はにとも願ったが、将来を考えてさせる。 (むらさきのうえ) - 若紫とも。 母は明石中宮。

Next

「光源氏の誕生」テスト問題〈2/3〉

次男 : - 兼。

Next

光源氏

冷泉帝の後宮に入る。

Next

26 光源氏はどんな容貌・容姿であったか

薫の下に仕えることになった、小君を始め数人の子をもうける。 )、不慮の病で亡くなる。

「光源氏の誕生」テスト問題〈1/3〉

妾 :• ここまでは「母北の方」が主語。

Next

「光源氏の誕生」テスト問題〈2/3〉

桐壺帝や源氏とは公私共に親しい。 =上達部や殿上人なども、(その様子を)感心しない 事と(思って)いつも目を背けており、とても見て いられない(程の人の)ご寵愛の受け方(ご寵愛ぶ り)である。 「ど」がなければ、 「給ひける」となります。