横浜 市 粗大 ごみ 電話。 横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」

公益財団法人横浜市資源循環公社・粗大ごみの適正処理、リサイクル及びリユース推進事業(施設案内)

横浜市のルールの特徴 横浜市では市民の健康を守る手段の1つとして、粗大ごみの排出に次のようなルールを設けています。 余分に買ったからといっても有効期間があるわけでもないので、次回に使うときまで保管することになります。

Next

横浜市で粗大ごみの出し方を調べてみました。

粗大ごみに出される品物のうち、状態の良いものはリユース(再使用)する場合があります。 エコピット エコピットは関東地域対応の不用品回収サービスです。

Next

【動画】電話機の捨て方 横浜市ごみの捨て方

収集にかかる手数料 粗大ごみの手数料は物によってですが、200円~1500円。 ナビダイヤルにつながらない場合は、045-330-3953の番号又はインターネットでお申込みください。 不用品回収業者さんは、タンスとかベッドとか1点1点のお値段を見るとやはり横浜市の回収の方が料金が安いので、捨てられる物は横浜市の粗大ゴミを申し込んで、どうしても捨てられない物だけ不用品回収業者さんに頼みました。

Next

粗大ごみの出し方 電話で収集を依頼する(収集は予約制)|八王子市公式ホームページ

粗大ごみは「粗大ごみ回収本舗」でまとめて処分しよう! 「自分では運ぶのが難しい粗大ごみを処分したい」、「一度にまとめてたくさんの粗大ごみを捨てたい」、「すぐにでも粗大ごみを処分したい」という場合には民間の不用品回収業者に回収を依頼しましょう。

横浜市の粗大ごみシール(処理券) のコンビニでの買い方

粗大ごみの素材によっては粗大ごみ処理券がはがれやすくなるので、はがれてなくなってしまわないようにセロハンテープなどで補強することをおすすめします。 全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。

Next

横浜市での粗大ごみの捨て方や手数料など 《粗大ごみセンター》

収集日の午前8時までに出す必要があります。 持込み先により、持込みできるものや持込みできる時間帯が異なりますので、事前に等でご確認ください。

Next