大村 憲司。 大村憲司、森園勝敏、山岸潤史、秋山一将が競演した伝説のセッションのアウトテイクがアルバム化

【インタビュー】大村憲司「ギターの一音だけで心をぐっとつかまれちゃうことが最大の特徴」

「忘れていた朝/言葉にならない言葉」 (LTP-2489、1971年7月25日)• そんな事で北海道のオホーツク地方も、もうすぐ急激に春がいっぱいになる。

Next

大村憲司のギターからは詩が聴こえる~ロックからブルースへと源流をさかのぼっていった音楽家|Extra便|TAP the POP

私はライブに行き始めたのもここ半年の新人ですが・・・ もしも。 出だしのオクターブ奏法を用いたフレーズの直後に若干意図しない音が混ざるが、それをものともせずに楽曲イメージどおりのソロを憲司が弾き終えるや、コントロール・ルームから喝采とともにOKがでた光景が目に浮かぶ。 『A sigh of Ghost』• 初期のUltravoxを彷彿させる、エレクトロニクスとロックギターの融合が良い! オレにはもう堪らなく好きなサウンドだな。

Next

赤い鳥 (フォークグループ)

クラプトンがあって、マイルス、サンタナ、ウェス・モンゴメリー…やっぱり広いですね。 絶賛していた彼の表情を見て 大村憲司という人の奏でるSOUNDを聴きたくなったのです。

Next

代わりの利かない大村憲司のギター・ソロ

<書籍情報> 1998年の逝去以来、その評価がますます高まる大村憲司。

Next

大村憲司 best live tracks

。 あとは日記ですね。 それぞれディレイ・タイムをショートとロングにセットしてあって、ほぼいつもどちらかがONになっていました。

ほぼ日刊イトイ新聞

いい曲たくさんですね。 大村憲司という名前を見つけて、反応してしまいました。

Next

代わりの利かない大村憲司のギター・ソロ

。 僕が最初に、大村憲司という名前を覚えたのは、 YMOのライブビデオを買い、 ギタリストが渡辺香津美ではない、 別の人になっていたことに気づいたときでした。 中村哲さんのお話はちょっと、 「ずずん」となりました。

Next