認定 歯科 衛生 士。 歯科衛生士の認定資格一覧

認定歯科衛生士とは?合格率・難易度や取得メリット、取得手順や資格の種類を解説

武川 香織(R2)• 生活習慣病予防 認定歯科衛生士 特定保健指導や食生活改善指導など、主に食事の生活習慣病予防の治療や知識を身に付けるための認定制度です。 (99KB)• 【推薦頂く歯科衛生士像について】 厳密な内規はございません。 また、 生涯研修の継続義務と5年毎の更新が定められています。

Next

日本口腔リハビリテーション学会認定歯科衛生士ってどんな資格?│歯科スタッフ向けメディアdStyle(ディースタイル)

地域歯科保健 【審査機関】一般社団法人 日本口腔衛生学会• 日本小児歯科学会 全国大会、地方会大会 へ3 回以上出席• なお、 合格後、未入会の場合は日本歯科保存学会および日本歯科衛生士会の両会への入会が必要ですのでご注意ください。

Next

歯科衛生士の認定資格一覧

認定歯科衛生士の種類 ここでは、認定歯科衛生士の種類をいくつかご紹介しましょう。

Next

認定歯科衛生士制度について|日本小児歯科学会

下川 泰子(R2) 和歌山県• 木村 優子(H30)• 症例報告書 様式7-1 :症例の「チャート」を印刷したもの• 藤村 季子(H30)• 泉 繭依(H30)• 歯科衛生士免許を保有• また、 学会支部長もしくは咬み合わせ指導医か認定医から2名の推薦をもらい、 研修受講と試験を合格して認定されます。 吉田 直美(H30)• 年2回• 日本歯科審美学会員である• 第16回の申請申し込みの締め切りは、2021年9月30日です。 参考: 日本口腔衛生学会認定歯科衛生士 認定資格名 日本口腔衛生学会認定歯科衛生士 主催元 一般社団法人 日本口腔衛生学会 URL 日本口腔衛生学会認定歯科衛生士は、2区分ありどちらかを希望し申請します。

認定歯科衛生士(う蝕予防管理)|日本歯科保存学会

摂食嚥下リハビリテーション• 【各認定共通の基準】 ・生涯研修制度専門研修で2コース、30単位以上修得していること(各コースの基準による) ・歯科衛生士業務経験が3年以上(内、各認定分野の実務経験が1年以上) ・歯科衛生士教育における実務経験は、専任教員として認定分野において学生教育を1年以上行っていること これらの条件を満たすと、申請資格を得られます。 石川 真琴(R2)• 医科歯科連携・口腔機能管理 認定歯科衛生士 一つの歯科診療所に限らず、病院などの多職種が連携するチーム医療において、連携しながら口腔機能を管理するために役立つ認定資格です。

Next

認定歯科衛生士 新規申請

申請時には認定申請料として10,000円、合格発表後には登録料として10,000円を委員会に支払う必要があります。

Next