心 あて に 折ら ば や 折 らむ 初 霜 の 置 きま ど は せる 白菊 の 花。 心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花

芭蕉俳句全集

景樹を学ぶなら善き処を学ばねば 甚 ( はなはだ )しき邪路に 陥 ( おちい )り 可申 ( もうすべく )、今の景樹派などと申すは景樹の俗な処を学びて景樹よりも下手につらね申候。 JR福山駅から福塩線に乗り換え、新市駅で下車し、タクシーで約10分の距離にあります。

Next

芭蕉俳句全集

夏の夜や木魂に明る下駄の音 717• あき風や藪もはたけもふはの関 11• ふかいなき何某 (なにかし)か有様 (ありさま)とて。 夢にても散りはべらばいといみじからむ。

Next

『烟花清談』−解題と翻刻−

盃の下ゆく菊や朽木盆 441• 五月雨や蚕わづらふ桑のはた 477• みな/\猫を禿 (かふろ)に抱 (いたか)せて道中なしけるとなん。

Next

紫式部

秋風のふけども青し栗のいが 9• ともしびの 明石大門 あかしおほと に入らむ日や榜ぎ別れなむ家のあたり見ず (3-254) 【通釈】明石の海峡に船が入って行く日には、故郷から漕ぎ別れてしまうのだろうか、もう家族の住む大和の方を見ることもなく。 御輿寄す。

Next

正岡子規 歌よみに与ふる書

若宮おはしませば、うちまきしののしる。 亡骸 (なきから)ハ。

Next

気になる歌人/歌

ついでに 【初霜】 その年はじめて降りる霜のことです。 紫陽草や帷子時の薄浅黄 45• 中国地方では、広島県福山市の精興園が有名です。

Next