テロル の 決算。 沢木耕太郎「テロルの決算」で描かれた浅沼稲次郎の暗殺

〈『テロルの決算』三十年後の終止符〉
完璧な瞬間 『テロルの決算』 (沢木耕太郎 著)

それについて沢木氏は、 著者あとがきでこのように書いています。 帰国した浅沼は、妹の夫である能美正彦に「中国には人間がいたよ・・・・」と呟いた。

Next

「テロルの決算」

大学卒業後は(当時)に入行するも、初出社の日に退社した。 どうして、山口二矢だけが「もし生きていたら」という仮定を弾き返してしまうのだろう……。

Next

テロルの決算|アンロック/陰謀のコード

正対した刑事の顔を見つめ、二矢は、自決を断念し静かに手を離した…。 沢木が三十五歳の時の文章である。 ジョン・F・ケネディの暗殺犯をモチーフにしているのだろうか。

Next

テロルの決算(沢木耕太郎) : 文春文庫

しかし、彼女がそのような申し出をするからには、 どこかに必ず買う男がいるのだろう。 『旅の窓』幻冬舎(2013年)のち文庫• 昭和17年(1942)の総選挙(いわゆる翼賛選挙)での立候補を辞退したが、これによって浅沼は戦後、公職追放を免れることとなる。

Next

楽天ブックス: テロルの決算

敗けることの意味 まず、この本で描かれるのは、 華々しい勝者、チャンピオンの姿ではなく ただ一瞬の栄光に人生の全てをささげ、 そして叶わず去っていった者たちの姿です。 例えば、による 刺殺事件を題材とした 『 テロルの決算』では 被害者加害者両名の生い立ちや 家族関係、人柄当日の行動などを 取材によって克明に調べ上げ、 二人の息遣いすら聞こえてきそうなほど 精密な物語を紡ぎ出しています。 結局、このときのスクイズ失敗がシリーズの流れを決め、大洋は4連勝して初の日本一となる。

Next

『テロルの決算 (文春文庫)』(沢木耕太郎)の感想(38レビュー)

あくまでルポルタージュなので、著者の視点は本来入るべきではない。 一読すれば、浅沼と二矢を語るにあたって本書が未だ欠かせない理由が理解出来ましょう。

Next